ファッション

ゲームの世界観をそのまま再現した「プーマ」 × 「ソニック」のコラボスニーカーが公開

 「プーマ(PUMA)」は6月5日、セガのゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ以下、ソニック」とコラボしたスニーカー“RS-0 x SONIC”(1万8000円)と“RS-0 x Eggman”(1万8000円)を「プーマ」原宿店と大阪店などで発売する。

 今回登場するスニーカーはどちらも「プーマ」の1980年代に登場した“RS(ランニングシステム)”シリーズの復刻版“RS-0”を元に製作した。“RS-0 x SONIC”は主人公のソニックをイメージ。アッパーにはブルーのスエード素材を採用し、アウトソールにはソニックのシューズの色である赤を配した。ゲーム内のステージである大草原をイメージしたヒールやシューレースの先にはゴールドリングをデザインするなど細部にもこだわる。

 “RS-0 x Eggman”は主人公の宿敵であるドクター・エッグマンから着想。アッパーには赤色のパテントレザーを採用し、ヒールとサイドには黒と黄色のボーダーで注意マークを表現した。内側のかかとにはドクター・エッグマンの型押しをデザインした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら