ニュース

チャプター元ディレクターと大阪発「エグザンプル」が中目黒にセレクトショップを開店

 スニーカーショップのチャプター(CHAPTER)で今年3月までディレクターを務めていた近藤浩人と大阪発のEC専業のメンズファッションブランド「エグザンプル(EXAMPLE)」を手掛けるBB(ビビ)が5月3日、東京・中目黒にセレクトショップMFCストア(MFC STORE)を開く。MFCとは“My Favorite Closet”の略で、コンセプトは新品、古着、正規品、並行輸入品に関わらず、自分たちが本当にいいと認めたモノだけを集めた店。並行輸入品の“インポート”、正規品の“セレクト”、過去のモデルを集めた“アーカイブ”、そしてレアスニーカーを集めた“スニーカー”の4つのセクションに、オリジナル商品を加えラインアップする。場所は、目黒区東山1-3-3で、山手通り沿いのビル2階。

 近藤ディレクターは「チャプターは元々並行輸入の店だったが、2016年に正規での取り扱いに切り替えてから、面白みがなくなったと感じていた。インラインの商品ばかりを取り扱えば、ともすればどこの店も同じ商品ラインアップになる」と並行輸入品を積極的に扱う意図を説明する。また、「セレクトショップの同質化が叫ばれる中で、裏原時代にあったような発信力の高いインディペンデントな店を自分たちの手で作りたかった」とも話し、オンラインショップは持たず、実店舗でのみ販売する。チャプター時代に培ったスニーカーコレクターとの人脈を生かし、過去発売されたレアスニーカーも扱う予定だ。

 一方、「エグザンプル」は昨年8月にスタートしたばかり。にも関わらず、ウェブメディアやSNSを中心に火が付き、オンラインショップでは入荷してもすぐに完売する状態が続いていた。2月に大阪・南船場のカフェを活用した2日間限定のポップアップストアを開くと、最大4時間待ちができるほど盛況で、全ての商品が完売した。この時の売り上げは2日間で450万円に達したという。「エグザンプル」が東京で取り扱われるのは今回が初。「全くアウェイの場所。東京でもしっかりと知名度を上げていきたい」とBB。オープン初日は、「エグザンプル」の限定アイテムも用意する。