フォーカス

キャンセルしたいホテル予約の売買サービス、なぜ今までなかったのか

 「キャンセル(Cansell)」というホテル予約の売買ができるサイトを知っているだろうか。ヤフー出身の山下恭平Cansell社長が2016年に開始したサービスで、急な予定変更などでどうしても宿泊ができなくなったというユーザーが、予約キャンセルをする前にその宿泊予約自体を宿泊希望者に売ることができるというもの。売る側のユーザーにとってはキャンセル代金を極力払わずに済む一方で、泊まりたいユーザーにとっても定価より安く宿泊ができるとあって、この1年で利用者を急激に伸ばしている。利用者にとっても、ホテル側にとっても無駄をなくすという点では、近年注目が集まるフリマやレンタルといったシェアリングサービスの一種ともとらえられるが、案外こうしたサービスはこれまで出てこなかったのだという。サービスの構想からアパレル分野への拡大といった今後の可能性まで、山下社長に聞いた。

WWD:「キャンセル」のシステムについて、改めて教えてください。

山下恭平・社長(以下、山下):仕組みは非常にシンプルで、ホテルを予約したのに行けなくなった場合にキャンセル料を払うくらいだったら、誰かに泊まる権利を売ってしまおうというサービスです。価格は出品者が自由に設定できますが、転売を防ぐために定価以上の設定はできません。例えば、5万円の宿泊予約をしてキャンセルする場合、キャンセル料が20%の時点では1万円支払えばキャンセルができますよね。でも、そうではなくて、定価の5万円で出品して売買が成立すれば、他の人が5万円で宿泊できて、キャンセルした人も手数料(一律で売買額の15%)を除けば1万円を支払うことなくキャンセルできるんです。キャンセル料がかかってしまう人を救うためのシステムで、マイナスをいかにゼロに近づけるか、という考え方ですね。

WWD:個人間取引という点では、「メルカリ」といったフリマアプリとは何が異なるのでしょうか。

山下:フリマアプリは基本的にプラットフォームを提供して終わりですが、われわれはユーザーの間に入ることでクオリティーを担保しています。具体的には、売りたい人が出品申請をした段階でわれわれが審査をします。例えば、本当に予約がされているか、すでにキャンセル料がかかっているのか、ホテル側に名義変更をしてもいいかといった確認をして、掲載します。もちろん、価格設定や掲載終了時期の決定は売り手が行います。

WWD:ホテルとは提携しているのでしょうか。

山下:していません。ホテル側にその都度名義変更の確認をしますが、基本的に断られることはないですね。というのも上司や親のために予約をとったりと、宿泊者の名義変更はよくあるみたいで、誰でもできることなんです。

WWD:利用できるホテルのランクは?

山下:とくに制限しているわけではないので、高級ホテルからビジネルホテルまであります。利用が多いのは宿泊費3万〜4万円あたりです。

WWD:掲載される(キャンセルしてしまう)のは、宿泊予定のどのくらい前が多いのでしょうか。

山下:それもまちまちですね。最近は予約した段階でキャンセル料が100%かかってしまうお得なプランなども多く、1カ月前といった早い段階で出品されたりもしますし、翌日の予約という場合もあります。

WWD:成約率はどのくらいですか。

山下:まだまだ高くはないですが、この1年半でニーズがあることは確信できました。これまでを試験期間だととらえて課題や目標が見えてきたので、これから改善ができるはずです。