ニュース

「ジェイ ダブリュー アンダーソン」 × 「コンバース」、第2弾は既存モデルをジョナサン風にアップデート

 「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」と「コンバース(CONVERSE)」は3月2日、昨年12月のファーストコラボ“GLITTER_GUTTER”に続く第2弾“SIMPLY_COMPLEX”を発売する。ファーストコラボ同様、イタリア・フィレンツェで行われた2018年春夏ピッティ・イマージネ・ウオモのランウエイに登場したもので、「コンバース」の定番モデル“チャックテイラー オールスター’70(CHUCK TAYLOR ALL STAR 70以下、チャックテイラー)”と「コンバース」の伝統的ランニングスニーカー“サンダーボルト(THUNDERBOLT)”の2モデルをラインアップする。
 
 “チャックテイラー”は、アッパーにスエードとレザーを使用したベージュカラーの通常モデルと、極端に履き口が長くなったブーツタイプの2型を用意。どちらもタンの部分がのこぎりの歯のようなきざみ目になっており、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)「ジェイ ダブリュー アンダーソン」クリエイティブ・ディレクターの遊び心が感じられる1足だ。“サンダーボルト”もアッパーにスエードとゴートレザー素材を使用したベージュカラーのものと、アッパーに3種類のデニムを使用したものの2型を用意する。両ブランドの公式サイトおよび「ジェイ ダブリュー アンダーソン」旗艦店と一部セレクトショップで取り扱うが、日本では販売しない。

 2モデルについてジョナサンは、「チノパンやデニム、それに白いTシャツを合わせるだけで完璧なスニーカーにしたかった」とコメントしている。

 キャンペーンビジュアルは、「ジェイ ダブリュー アンダーソン」と関係が深い写真家で映画監督のラリー・クラーク(Larry Clark)がフランス・マルセイユの港町で撮影した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら