ファッション

ショー発表直後のアイテムが手に入る 「バーバリー」がポップアップストアを開催

 「バーバリー(BURBERRY)」は2月17日にロンドンで発表した2018-19年秋冬コレクションの一部である“FEBRUARY カプセル コレクション”を取り扱うポップアップストアを伊勢丹新宿本店本館1階にオープンする。期間は21〜27日。クリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)が最後に手掛けたこのコレクションは、ショー発表直後にアイテムの購入が可能な“SEE NOW, BUY NOW”形式で発表、1970〜90年代のアーカイブデザインを復刻し現代的によみがえらせた。

 取り扱うアイテムは「バーバリー(BURBERRYS)」や「バーバリー スポーツ(BURBERRYS SPORT)」などかつてのロゴや、馬のマークを使ったクレストなど当時のデザインを想起させるモチーフがあしらわれている。LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)の若者を支援するために、LGBTQの象徴カラーであるレインボーカラーをチェック模様に使ったジャケットや、シューズ、トートバッグなども登場する。

 加えて、同ブランドのビンテージコートを修復した“リストア ビンテージ(RESTORED VINTAGE)”も限定65着販売する。価格は17万円。“リストア ビンテージ”は60〜90年代を中心に作られた「バーバリー」のコートをイングランドで修復し、防水加工を施した一点モノのコートだ。裏地に“PROUDLY RESTORED BY BURBERRY”の文字が刻まれた金具を新たに付け、語尾に“s”がつく昔ながらの“Burberrys”のタグと裏地のビンテージチェックが特徴。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら