ファッション

フィレンツェに新名所 アレッサンドロ・ミケーレの発案で「グッチ ガーデン」誕生

 「グッチ(GUCCI)」は1月9日、伊フィレンツェのメルカンツィア宮殿内に「グッチ ガーデン(GUCCI GARDEN)」をオープンした。2011年にフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)前クリエイティブ・ディレクターが手掛けた「グッチミュゼオ(GUCCI MUSEO)」をアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターが自身のクリエイションの中核となる折衷主義をベースに完全に作り替えたものが「グッチ ガーデン」だ。

 宮殿の美しいファサードには大きなアイモチーフのネオンアートが点灯し、3フロアに6つの展示室と、赤いベルベットの天幕で覆われた30席の映写室、2つのショップとレストランが入っている。

 展示室には同ブランドが創業した1921年から現在までの貴重なコレクションが集められた。あえて年代順の展示を避け、それぞれの時代を象徴するオブジェや写真、ビデオ、現代アートと共に、テーマごとに過去と今を対比する配置で展示されている。

 ミケーレ=クリエイティブ・ディレクターの要請を受け、キュレーター兼ファッション批評家のマリア・ルイーザ・フリーザ(Maria Luisa Frisa)がキュレーションに協力した。同氏はヴェネチアIUAV大学のファッションデザイン&マルチメディアアート学部長も務める人物だ。

 また、グランドフロア(1階)にはレストラン「グッチ オステリア(GUCCI OSTERIA)」と2つのショップが入る。「グッチ オステリア」はマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)=グッチ社長兼最高経営責任者(CEO)の古い友人でもある、ミシュラン三ツ星レストラン「オステリア フランチェスカーナ(OSTERIA FRANCESCANA)」のマッシモ・ボットゥーラ(Massimo Bottura)=オーナーシェフがプロデュースしている。

 同じくグランドフロアにあるショップでは“GUCCI GARDEN”のタグが付いた限定アイテムや、“GUCCI GARDEN”のロゴを施したシルクのボンバージャケットなど、世界に1つしかないアイテムも販売する。

 なお、「グッチ ガーデン」の入場料は一般8ユーロ(約1080円)、学生6ユーロ(810円)。入場料の売り上げの半分は、フィレンツェ市の修復プロジェクト支援のため同市に寄付されるという。

 

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。