ファッション

「フランク リーダー」が初のコラボシューズを発売 相手は「ルーディックライター」

 「フランク リーダー(FRANK LEDER)」は2018年春夏コレクションで、ウィーンのシューズブランド「ルーディックライター(LUDWIG REITER)」と共にシューズを製作した。サイドゴアブーツ(12万8000円)とオックスフォードブーツ(7万8000円)をそろえる。

 サイドゴアブーツはオークバーク(樫の木のタンニンで鞣した)レザーソールに馬の革のスエードを採用。オックスフォードブーツはエクストラライト社製のソールで、軽量かつクッション性に富む。アッパーは「フランク リーダー」の定番であるコットン100%の素材、通称“ジャーマンレザー”とレザーを組み合わせた。19世紀末に支給品であったポストマンシューズのデザインを踏襲している。両モデルともグッドイヤーウェルテッド製法で製作する。

 サイドゴアブーツは、徳島のセレクトショップのスロウ&ステディ(SLOW&STEADY)、熊本のセレクトショップのSLで1月上旬に発売予定。オックスフォードブーツは東京のセレクトショップ、ネストローブコンフェクト(NEST ROBE CONFECT)の表参道店と銀座店で12月下旬に発売する。

 「ルーディックライター」は、グッドイヤーウェルテッド製法を用いたシューズで知られ、かつて「ヘルムート・ラング(HELMUT LANG)」のコレクションにも採用された。今シーズンは、フランク・リーダー(Frank Leder)=デザイナーの父親の故郷である“ボヘミア”がテーマとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら