ファッション

「ジャパン・ベストニット・セレクション」の出展社、来場者が過去最高

 日本製のニット製品・テキスタイルが集結した展示会「ジャパン・ベストニット・セレクション(JBKS)2017」(ジャパン・ベストニット・セレクション実行委員会主催)が12月6、7日の2日間、東京国際フォーラムで行われた。10回目となる今回は、国内のニット産地である新潟、山形、福島をはじめ和歌山、東京、大阪などから過去最大の75社(協賛企業含む)が出展、3878人が来場し、ともに過去最高となった。

 協賛企業として参加した島精機製作所は、11月に地元和歌山で行った創立55周年の記念式典で披露して好評だったホールガーメント横編機の一部を展示。同じく協賛企業のザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)は、ウールを使用したシューズを発表した。「通常は合成繊維が使われるが、同等の強度や機能性を持ったウールの採用を実現した。ウール独自の通気性、消臭性、マシンウォッシャブルのメリットがポイントだ。時代のキーワードとなっているサステイナブルの観点からウールが再注目されている」と担当者。このシューズの開発には島精機製作所とドイツのストール社が協力した編みのテクニックも貢献しており、ウールの最新イノベーションをアピールした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。