ビジネス

コナカのオーダースーツブランド「ディファレンス」が六本木にオープン

 紳士服チェーンのコナカは、スマホアプリを利用したオーダースーツブランド「ディファレンス(DIFFERENCE)」の新店舗を11月29日、東京・六本木にオープンした。12月9日には、名古屋駅直結の地下街メイチカにもオープン予定で、店舗数は年内に全国49店舗に拡大する。

 六本木店では、オープンを記念して12月10日までキャンペーンを実施している。通常は2着で7万円(3万5000円+3万5000円)のところを6万円、同じく8万5000円(5万円+3万5000円)のところを7万円でスーツを提供する。5万円以上のオーダー商品を購入すると、オーダーネクタイ(8000円相当)を1本プレゼント。ウィメンズアイテムをオーダーした場合は、ウィメンズシャツをプレゼントする(上記の2キャンペーンと他の割引きとの併用はできない)。その他、予約来店特典や限定商品も用意している。

 同ブランドは2016年10月、東京・青山に1号店をオープン。初回はプロのテーラーによる店舗での採寸データをもとに、 2着目以降は、 ユーザー自らがスマホアプリを操作してさまざまなカスタマイズや注文を行う。クリエイティブ・ディレクターの佐藤可士和がトータルプロデューサーとして、商品・サービスの開発や旗艦店のデザインを担当する。ウィメンズのサービスでは、女性誌を中心に活躍するスタイリストの徳原文子をディレクターとして起用し、女性向けオーダースーツの新たなニーズに応える。

■「ディファレンス」六本木店
オープン日:11月29日
時間:11:00〜21:00(平日) / 11:00〜20:00(土日祝)
定休日:火曜日(祝日は営業)
住所:東京都港区六本木5-1-1 六本木マイアミビル1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら