ファッション

「キディル」がセミオーダースーツの新ラインを始動

 メンズブランド「キディル(KIDILL)」は、セミオーダースーツの新ライン「キディル スタンダード(KIDILL STANDARD)」を12月に東京・渋谷の直営店キディル ルーム限定でスタートする。スタッフが採寸し、約100種類の生地の中から表地と裏地を選ぶことができる他、ラペルやポケットなども好みのデザインにアレンジが可能。ジャケット裏に希望する文字を刺しゅうするサービスも行う。価格はスリーピースで12万〜18万円。オーダーを受けてから鹿児島の工場で生産し、3週間前後で納品される。アイテム単品での注文も可能で、今後はシャツやネクタイのセミオーダーも行う予定だ。

 末安弘明デザイナーは「これまで本格的なテーラードはやってこなかったが、ブランドの幅を広げて成長していくために新ラインを立ち上げた。ただ好きにオーダーしてもらうだけではなく、こちらからもデザインの提案をして、一緒にかっこいいスーツを作っていきたい」と話した。

 「キディル」は「2017 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」のプロ部門で東京都知事賞を受賞し、18日に渋谷ヒカリエで開かれた合同ショーで18年春夏コレクションを披露した。そのランウエイに登場したチェックのセットアップが「キディル スタンダード」のファーストモデルだという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら