ファッション

ピエール・アルディに聞く「エルメス」のジュエリー・デザイン

 「エルメス(HERMES)」のハイジュエリーである“オート・ビジュトリー(HAUTE BIJOUTERIE)”の発表が銀座メゾンエルメスで10月28日~11月7日の期間行われた。“オート・ビジュトリー”は2010年に誕生。隔年で新作が登場し、今回のコレクションは4回目になる。発表前日には内覧会が行われ、「エルメス」のジュエリー・ディレクターのピエール・アルディ(Pierre Hardy)が来日した。

 アルディは1990年、「エルメス」のメンズおよびウィメンズのシューズ・ディレクターに就任。2001年に当時のジャン・ルイ・デュマ(Jean-Louis Dumas)社長がアルディーに、ジュエリーのクリエイティブ・ディレクターをやってみないかとオファーをしたのがきっかけでジュエリーのデザインを始めた。故デュマ元社長は「パリ・ヴァンドーム広場にあるジュエラーとは一線を画し、自由な発想でデザインしてほしい」と、ジュエリー・デザインの経験のないアルディをクリエイティブ・ディレクターに抜擢した。アルディに当時のことを聞くと、「ジュエリーのデザインは、ゼロからのスタートだった。ボリュームやデザイン、素材などに関して一から学んだよ。ジュエリーのデザインはデッサンから始める。フォルムが重要なんだ」と語る。

 「エルメス」には年間のテーマがあり、今年は“オブジェに宿るもの”だ。会場には建築家兼アーティストのディディエ・フィウザ・フォスティノ(Didier Fiuza Faustino)が手掛けた12のモジュールが配置され、アルディがデザインした新作および16年間の歩みを象徴する作品を展示。アルディは「『エルメス』の年間テーマは制約ではなく、楽しんで取り入れるようにしている。今回の展示では、アーカイブからの作品も合わせて、時間のつながりを感じてもらえるとうれしい。新作の中には日時計からインスピレーションを得て制作した作品もある」と話す。彼に「すごくモダンなデザインだけど、まるでクレオパトラが着けそうなネックレスね」と言うと、「モダンなデザインが古代を思い起こさせることもあるかもね」とほほ笑んだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。