ファッション

フィットするパンプスに出合えるチャンス、高島屋が288サイズのオーダー会開催

 高島屋は、「パンプスメソッド研究所 i/288」とコラボレーションし、最大288種類の足型サイズから選べるパンプスの販売・オーダー会を開催する。パンプス選びに不満と諦めを抱いている女性に向け、メード・イン・ジャパンならではの履き心地と美しさをかなえるイベントだ。10月11~17日に高島屋横浜店で、18日~11月21日に高島屋日本橋店で行う。

 「パンプスメソッド研究所 i/288」は、革靴メーカーの団体である全日本革靴工業協同組合が運営し、産学官プロジェクトとして「履き心地が良く、美しく、サイズ表記を信頼して選択できる“メード・イン・ジャパンブランドの革靴”の確立」に取り組んでいる。

 今回のサイズバリエーションは、足長19.5~27.0cm(5mm刻み、16サイズ) × 足囲A~F(A・B・C・D・E・EE・EEE・EEEE・Fの9サイズ) × 足型形状(ストレート型・カーブ型の2パターン)=288サイズ。素材はスエード、エナメル、スムース(表革)の全3種類から選べ、色・素材バリエーションで21パターンをそろえている。ヒールは4.5㎝、6㎝、7.5㎝の3パターン。3D計測器で正しい足のサイズを把握した後ジャストフィットする1足を提案。左右別々のサイズを選ぶことも可能だ。納期は約4週間、価格は2万7000円。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら