フォーカス

大人気でも新客開拓に一生懸命な「モンクレール」はエラい!

 ファッション業界では、「もう一通り出回ったでしょう?」とか「さすがにブームは落ち着いたでしょ?」と思っている人が大勢いますが、「モンクレール(MONCLER)」はまだまだ元気いっぱい。業界人が注目する伊勢丹新宿店本館では、「決して大きな売り場ではないのに、秋冬の売り上げはトップレベル」とか「接客にいそがしすぎて、スタッフはランチを食べ損なうことも時々」とか「ファッショニスタがアウターを買う初秋と寒くなる晩秋というように、他ブランドには1回しかない“売り上げのピーク”が2回ある」なんて話が飛び交います。もはやブームではなく、すっかり“市民権を得た”感のあるプレミアム・ダウン・ブランドです。

 ただ「モンクレール」がエラいのは、“市民権を得た”なんてまだまだ、と謙虚なところ(笑)。今の人気におごることなく、特にここ数年は若年層を中心とするエントリーユーザーの開拓に一生懸命です。ある年は他の生地に比べれば手頃な“シャカシャカ”ナイロン(ナイロンラケと呼ぶそうです)のダウンに今一度フォーカスして、「『モンクレール』っていったら、やっぱりコレだよね!」と思わせてくれました。そして別の年は、10万円を切る価格でダウンベストを用意。10万円が安いとは決して思いませんが、「『モンクレール』なんて高嶺の花だよ……(ガッカリ)」という人に「頑張れば、買えるかも!」と思わせてくれたのは、ファッションの楽しさを一人でも多くの人に知ってほしいと願う僕にとってうれしい出来事でした。

 そして今年は、日本限定でアンダー15万円の長袖ダウンジャケットを3種類用意してくれました。勝手ながら「20万円前後」というイメージの「モンクレール」のダウンジャケットが、今回最もお手頃なモデルだと11万5000円で買えるのだから、「おお〜っ!(コーフン)」です。もちろん、使う素材は、あの“シャカシャカ”ナイロン!フード回りの構造を簡素化し、通常ならアームに付くポケットをなくすなどして約3万円のコストダウンを図っていますが、“安かろう、悪かろう”ではありません。

 人気におごることなく、人気だからこそマーケットを広げようとしている「モンクレール」には、自分たちのためのみならず、業界全体のために一生懸命な印象さえ持っています。「モンクレール」さん、アンタはエラい!

 商品は22日、直営店&主要セレクトショップで数量限定発売です。