ニュース

売れっ子スタイリストと映像ディレクターがタッグ ガチの妄想ブランドをスタート

 きゃりーぱみゅぱみゅや椎名林檎などの衣装を手掛けるスタイリストの飯嶋久美子と、1990年代の伝説の子供番組ウゴウゴルーガやファッションブランド「スーパーラバーズ(SUPER LOVERS)」のアートディレクションなどを手掛ける映像ディレクター・アートディレクターの田中秀幸の2人が、実験的なファッションプロジェクト「ヌードル(NOODLE)」をスタートする。

 多くのブランドやプロジェクトのスタイリングやディレクションに関わってきた2人だが、なぜこのタイミングで新たなプロジェクトをスタートしたのか。飯嶋は「監督(※注:田中秀幸のこと)が妄想のプロジェクトとしてフルCGでアイテムを作っていて、普通のブランドやデザイナーにはない発想や遊び心が面白すぎて、その資料を見せてもらった瞬間にこれは妄想じゃなくて、現実化しなきゃって(笑)。もちろんやるからには全力。ビジネスでも、普通のブランドのようにどこかのお店に卸してとかではなく、今だからこそできる新しいやり方に挑戦したい」。

 テーマは“幻想シティカジュアル”。このプロジェクトのスタートとして、まずは展示会を13、14日に行う。あの高級ブランドの名品が二段になったようなバッグや、数段重ねのキャップ、キャラクターが満載のワンピースなど、田中秀幸ワールドが全開のアイテムが並ぶ予定だ。「“ヌードル”という名前は、中目黒のうどん屋『豊前坊』と恵比寿のラーメン屋『ちょろり』と、好きなうどん屋とラーメン屋が一緒だったから。面白いことを楽しくやりたい。展示会には老若男女、どんな人でもいいのでこのプロジェクトにピンときたら、ぜひご一緒したいですね」。

■「ヌードル」展示発表会
日時:9月13、14日
時間:13:00〜22:00
場所:KATA→LIQUIDROOM GALLERY KATA
住所:渋谷区東3-16-6

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら