ファッション

「スピード」が“レーザー・レーサー”の技術を使ったアパレルを発売

 ゴールドウインのスイムウエアブランド「スピード(SPEEDO)」は9月下旬、新アパレルライン“スピード ワークアウト(SPEEDO WORKOUT)”を発売する。ゴールドウインの直営店ニュートラルワークス・トーキョーや一部の「スピード」取扱店で販売する。

 “スピード ワークアウト”はトップスイマー向けの水着“ファストスキン・レーザー・レーサー(Fastskin LZR Racer)”シリーズで使用している素材や縫製技術など、さまざまなスイムテクノロジーを採り入れたワークアウト用のコレクションだ。接着技術や縫製箇所を最小限に抑える技術により、ソフトな肌あたりのウエアをそろえる。ラインアップは、ジャケット(2万9000円)、ロングパンツ(1万9000円)、ブラ(9000円)、ショートパンツ(1万1000円)、バックパック(1万2800円)。

 ロングパンツなどコレクションの一部には、トップモデルのスイムウエア“レーザー・レーサー エリート2(LZR Racer Elite 2)”と全く同じ素材を使用。薄さ、軽さ、ストレッチ性を備える。

 “ファストスキン・レーザー・レーサー”は2008年の北京オリンピックで初登場し、マイケル・フェルプス(Michael Phelps)をはじめ多くの選手が着用したモデル。数々の世界新記録を生んだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら