ファッション

草間彌生美術館が10月1日に開館 入場は日時指定の完全予約制

 芸術家・草間彌生の美術館「草間彌生美術館」が10月1日に開館する。住所は東京都新宿区弁天町107で、外苑東通りに面し、東京メトロ東西線の早稲田駅と神楽坂駅の中間に位置する。設計は久米設計が担当し、地上5階と地下1階の6層構造で構成。1階はエントランスやギフトショップ、2階と3階は作品の展示空間、4階は体験型インスタレーション空間、5階は資料閲覧スペースと屋外展示スペースになる。営業時間は11〜17時だが、日時指定の予約・定員制で、1日4回の各回90分の入れ替え制のシステムだ。チケットは、一般が1000円、小中高生が600円で、美術館のウェブサイトでのみ8月28日から購入が可能。休館日は月、火、水曜日。運営は、一般財団法人草間彌生記念芸術財団が行う。

 同美術館は、芸術全般の発展に寄与することを目的に草間本人が設立。展覧会を年2回のペースで行うほか、講演会なども予定だ。開館を記念し、開館日の10月1日から翌年の2月25日まで、最新の絵画シリーズ「わが永遠の魂」を中心に構成される開館記念展「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」を開催する。

 草間彌生は2月から5月にかけて、国立新美術館で来場者数が52万人を超えるヒット展となった「わが永遠の魂」を開催したばかり。また、アメリカ・ワシントンのハーシュホン美術館でも9月10日まで「Ininfinity Mirrors」を開催するなど、88歳を迎えた今なお精力的に活動している。

■草間彌生美術館
住所:東京都新宿区弁天町107
開館日:10月1日
休館日:月、火、水曜日

■創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき
日程:2017年10月1日〜2018年2月25日 ※12月25日〜1月17日は冬季休館
時間:11:00〜17:00
入場時間:1日4回の入れ替え制(11:00〜12:30 / 12:30〜14:00 / 14:00〜15:30 / 15:30〜17:00)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら