ファッション

アシックスがハンマー投げの鉄人・室伏と契約

 アシックス(ASICS)は、元陸上選手の室伏広治氏(42)とアドバイザリースタッフ契約を結ぶことで基本合意した。契約は9月1日から。同社の製品やサービスに対する助言や広告宣伝などの分野で協力する。アスリートとしての経験だけでなく、体育学の研究者としての知見を生かし、アシックススポーツ工学研究所との共同研究にも取り組む。

 室伏氏は男子ハンマー投げの日本代表として2004年のアテネ五輪で金メダル、12年のロンドン五輪では銅メダルを獲得するなど、日本の投てき界に輝かしい実績を残し、“鉄人”の異名で親しまれてきた。1997年からミズノに所属し、約20年に渡って同社の顔として活動してきたが、昨年9月に退社。現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクター、東京医科歯科大学教授などを務める。室伏氏は「日本のみならず世界のスポーツのさらなる発展に貢献したい」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら