ファッション

「アグ」とジェレミー・スコットがコラボ

 「アグ(UGG)」とジェレミー・スコット(Jeremy Scott)がコラボレーションラインを9月13日に発売する。今回ジェレミーが手掛けたのは8アイテムで、ベーシックなものからエッジーなデザインのものがそろう。“UGG”と“LIFE”の文字が片足ずつ刺しゅうされたものや、ジェレミーのアイコンでもある炎がプリントされたブーツ、ビジューが前面にあしらわれたブーツなどを展開する。価格帯は90〜1195ドル(約9800〜13万円)で、全世界のセレクトショップで発売予定だ。

 「アグ」はこれまでにも2010年に「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」とウィメンズラインでのコラボを実施。さらに、10月に「3.1 フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)」とメンズラインでコラボする予定だ。しかし、ウィメンズ、メンズ、キッズ、ベイビーライン全てにまたがるコラボになるのは、今回のコラボが初めて。

 ジェレミーは、「実は『アグ』の隠れファンだった。とても履きやすいし、パンツやショーツと合わせて楽しんでいる。サーファー男子のシューズブランドなのに、ロサンゼルスではあまりメンズには浸透していない。数年前ワイキキのザ グローブ(THE GROVE)で試着した後、誰がなんと言おうとコラボレーションしたいと思ったよ。クラシックなトールブーツが特にお気に入り。とてもわかりやすいし、ロサンゼルスやマリブらしい。ケイト・ハドソン(Kate Hudson)やブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)が履いてそう、というのが僕の第一印象。その時代のノスタルジーを感じるんだ」と語る。オーストラリア人のアシスタントが「アグ」に連絡をとり、「アグ」側もコラボレーションを望んでいたとのことで、コラボレーションが実現した。

 アンドレア・オドネル(Andrea O’Donnel)=アグ社長は、「ジェレミーのことは以前から尊敬していた。彼はファッションがつまらない時代に、これまでとは全く違うものを提案できる人物だ。コラボレーションは以前から話題のトピックで、われわれもこれまでも何度かコラボレーションを実施してきたが、きちんとしたビジネス戦略に基づいたものではなかった。今回のコラボレーションはブランドの定義とデザインの可能性を広げるものだ。今後については、カリフォルニア生まれのデザイナーや、『アグ』との思い出深い話があるデザイナーと今後のコラボレーションの話が進んでいる。デザイナーやファッション、シューズ企業だけでなく、クラフツマンシップや歴史のある企業、テクノロジー企業、インダストリアルデザイナーやメーカーなどともコラボレーションしたい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら