ファッション

“アフリカンドリーム”をつかめ ナイジェリア発のバッグを世界へ 

 ナイジェリアのバッグブランド「ザシャドゥ(ZASHADU)」は、アフリカらしい大胆な色使いをモダンに昇華させたデザインが特徴だ。カウレザー、スネーク、ラビットファーなどを用いた表情豊かなバッグは、現地の伝統的な職人技で作られる。個性的なデザインが評判を呼び、インターネットを通じて欧米のバイヤーからの受注も増えているという。

 デザイナーのザイナッブ・アシャドゥ(Zainab Ashadu)はナイジェリア生まれの35歳。10代からロンドンに移り住み、大学を卒業後、モデル、キュレーター、建築、ファッションなどの仕事をした後、帰国して2009年に「ザシャドゥ」を立ち上げた。

 ナイジェリア最大の都市ラゴスにある彼女のショールーム兼オフィスを訪ねた。ナイジェリアは電力の供給が安定しておらず、室内は薄暗く、蒸し暑い。しばらく待つと、彼女が現れた。たちまち部屋の雰囲気が明るくなるのを感じた。扇風機のスイッチを入れると、「暑くてごめんなさい。会えて嬉しいわ!」とハグ。白い歯の笑顔がチャーミングな女性だ。

 バッグデザイナーになった経緯を話してくれた。「8歳の頃からバッグが大好きでした。他の仕事をしている時もバッグへの愛だけが変わりませんでした。ロンドンのデザイナーのもとで2年間ファッションを学ぶうちに、故郷のナイジェリアのエナジーの中に身を置きたいという気持ちが抑えられなくなり、帰国してブランドを立ち上げる決断をしたのです」。

 ナイジェリアはアフリカ最大の人口(約1億9000万人)を誇る大国だ。大西洋に面したラゴスにはおよそ1300万人が住み、経済と文化の中心地として賑わっている。「ザシャドゥ」を支持するのも、管理職やクリエーターなどビジネスの前線で働くキャリア女性たちだ。中心価格は4万~9万ナイラ(約1万2000~2万7000円)と、現地では決して安くないが、女性たちのおしゃれを欲する気持ちは年々高まっている。

 にもかかわらず、先進国のナイジェリアに対するイメージは途上国に対するステレオタイプであることに、彼女は異議を唱える。「未だに世界で取り上げられるナイジェリアのニュースは、テロや病気などネガティブなものばかり。ナイジェリアの文化的な側面をもっと知ってもらいたいのです」。自分が作るバッグを通じて、世界の人々にナイジェリアのポジティブな姿を伝えたいという気持ちもある。

 バッグはすべてナイジェリア北部の町、カノとソコトで作っている。この2つの町はレザー産地として100年以上の歴史がある。品質も高く、イタリアやスペインからも多くのバイヤーが買い付けに来るほどだ。

 「ザシャドゥ」では昔からの伝統的な手法で皮をなめし、染色、成形まで一貫生産を行う。職人は現在7人。成形は最後の仕上げまでを1人の職人が担当し、1個のハンドバッグを作るのに1~2日かける。「担当を分けず、全ての工程を任すことで職人のプライドが保たれます。私がロンドンで学んだことを押し付けるのではなく、職人のやり方に合わせるのが大事なのです」。

 しかし、ナイジェリア人は良く言えばおおらか、悪く言えばいい加減なところがあるので、相手に合わせながら仕事をするのは大変そうだ。「その通りです(笑)。相手に合わせ過ぎるとなめられてしまって、こちらのリクエストを聞いてもらえなくなってしまう。バランスを取って言うべきことはビシっと伝えています」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら