ファッション

「ヨウジヤマモト」が若者の喫煙率低下にモノ申す! 初の喫煙具コレクション

 「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」は喫煙具のフルコレクションを販売する。アイテムはパイプ、ガスライター、ライターケース、携帯灰皿2種などをラインアップ。2018年1月に発売予定で、価格はパイプが20万円、ガスライターが2万6000円、ライターケースが8500円、携帯灰皿が1万8000円と4万8000円。過去に「ワイズ フォー メン(Y’S FOR MEN)」などからライターを販売していたが、フルコレクションを発売するのは今回が初。

 今回の喫煙具販売についてはデザイナー、山本耀司の「若者の喫煙に関して物申したい」という思いがきっかけだったという。近年若年層の喫煙率が低下していることを受け、愛煙家の山本が喫煙具の販売に思い至ったようだ。なお、山本は4月にたばこ「セブンスター(SEVEN STARS)」のビジュアル冊子にも登場している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。