ファッション

「ルコック」が気鋭ブランドやアーティストとコラボ 来春発売

 デサントの「ルコック スポルティフ(LE COQ SPORTIF)」は、2018年春夏シーズンに日本の気鋭ブランドやアーティストとの協業や、既存ラインの再編を行い、現在推進しているライフスタイル提案をさらに強化する。

 コラボレーションは、メンズブランド「エッセイ(ESSAY)」「トーン(TONE)」、3人組ラップグループのMGFで、ナイロンジャケット(1万8000〜2万9000円)、シャツ(1万1000〜1万2000円)、パンツ(1万3000〜1万8000円)などのアパレルと、自転車ショップ「テンプラ(TEMPRA)」とのバッグ(1万1500円)、ポーチ(4900円)で、18年2月に発売予定。

 また、サイクリング要素を備えた都市向けカジュアルラインとして17年春夏シーズンに始動した「ル・アーバンスタイル(LE URBAN STYLE)」を18年春夏シーズンに再編する。機能性ウエアの“コミュート”、フレンチプレッピーの“ヘリテージ”、ストリートの“スポーツ”の3カテゴリーに分ける。“コミュート”は従来の機能性を踏襲し、防水、はっ水機能などを搭載した移動着として生まれ変わる。“ヘリテージ”と“スポーツ”は、大胆なロゴ使いやレトロなスポーツミックスなど、トレンドを意識したデザインを取り入れ、セレクトショップなどへの卸を見据える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら