ファッション

伊勢丹新宿本店がポケモンと初コラボし「シンジュクシティ」にデパートが出現⁈

 伊勢丹新宿本店は8月16~21日、ゲーム「ポケットモンスター(以下、ポケモン)」とコラボし、本館7階の催物場に架空のデパート「イセタンデパート」を出店する。「イセタンデパート」のスタッフ、イヨノが案内するウェブガイドもローンチした。

 「イセタンデパート」は、“流行が交差する街”の異名を持つ架空のまち「シンジュクシティ」の中心にあるという設定。スカーフ(2万円)、ラバーマグネット(700円)、「ハグミー(HUG3)」とコラボしたポーチ(7600円)など、強さだけでなくスタイリッシュさにもこだわるポケモントレーナーにオススメのオリジナルグッズをそろえる。一部商品は、伊勢丹オンラインストアで先行販売する。

 「イセ団ラウンジ」では、“いいものばかりを狙う”敵組織「イセ団」の団員が、世界を旅した際の思い出のメニューを提供する。メニューは、“出会いの思い出、秘密の3種カレー”(2474円、以下税込)“マスターボールパフェ”(1718円)など。席は予約制で、伊勢丹オンラインストアで8月19日10時まで予約受付中(予約券1080円)。同サイトによると、ラウンジのどこかに団員募集のQRコードが隠されているという。

 今年は、ゲームボーイソフト“ポケットモンスター 赤・緑”の発売から21年。商品構成、価格帯、SNS映えするフードなど、子どもの頃にポケモンで遊んだという大人を意識したものになっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら