ファッション

「ルコック スポルティフ」が次世代ブランドやアーティストとコラボした限定コレクションを発売

 仏スポーツブランド「ルコック スポルティフ(LE COQ SPORTIF)」は日本国内のファッションレーベルやアーティストとコラボした限定コレクションを発表した。コラボした相手は、ニットを中心にそろえるドメスティックブランド「トーン(TONE)」をはじめ、3人組のラップクルーMGF、加瀬隆介と竹井博秀が手掛ける「エッセイ(ESSAY)」、自転車専門店「テンプラサイクル(TEMPRA CYCLE)」の4組。

 アイテムは4組それぞれのコンセプトを元に仕上げている。「トーン」は仏映画「憎しみ」から着想を得て、「ルコック」のレトロなイメージを生かしつつ現代的に仕上げたコレクション。MGFは90年代の雰囲気を残し、現代的なカラーリングとサイジングに組み立てたトラックスーツとレフリーウエアを元にデザインしたセットアップ。「エッセイ」は著作権を無視した非合法な製品“ブートレグ”をテーマにしたコレクション。「テンプラサイクル」は都会で自転車を利用する人に向けたギアを提供した。コレクションの価格帯は5300〜2万6000円。

 2月16〜25日に、ビームス T 原宿で開催するポップアップストアで先行発売した後、26日から「ルコック スポルティフ アヴァン(LE COQ SPORTIF AVANT)」原宿店、丸の内店、みなとみらい店、ビームス T 原宿、デサントオンラインショップ、テンプラサイクルで数量限定で取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら