ファッション

タイラー・ザ・クリエイター、アルバム発売に合わせ次は「コンバース」と契約?

 オッド・フューチャー・ウルフ・ギャング・キル・ゼム・オール(Odd Future Wolf Gang Kill Them All)、通称OFWGKTAを率いるラッパー兼プロデューサーのタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)は7月6日、2年ぶりとなる4thアルバム「Flower Boy」を21日にリリースすることを発表した。人気ラッパーのフランク・オーシャン(Frank Ocean)やエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)らを客演に迎え、全14曲を収録。毎回特徴的なビジュアルで知られるジャケットは、エリック・ホワイト(Eric White)が担当した。

 タイラーは同アルバムのリリース発表の直後、前々から噂になっていた「コンバース(CONVERSE)」との“ワンスター(ONE STAR)”のコラボスニーカーの発売も発表した。淡いブルーにオレンジのシューレースを合わせたタイラーらしいポップなカラーリングで、価格は100ドル(約1万1200円)。日本での取り扱いは無いが、すでに「コンバース」公式オンラインストアでは完売となっている。

 このコラボは、長年パートナーシップを結んでいた「ヴァンズ(VANS)」との契約を終了し、新たに「コンバース」とパートナーシップを結んだことによるものとみられる。すでにSNSでは自身が手掛ける「ゴルフ ワン(GOLF WANG)」とのコラボスニーカーとみられる一足をタイラーが着用している画像も流出しており、今後はタイラー本人とのコラボだけでなく、「ゴルフ ワン」とのコラボレーションも予想される。

 また、タイラーは自身のツイッターで「album cover converse one stars will be availible tomorrow」と「Flower Boy」のジャケットで「コンバース」を着用していることを示唆する呟きをしているが、オレンジに染まる空をバックに蜂が飛び交うひまわり畑でこちらに背を向けて立つタイラーの姿を捉えたジャケットは、足首辺りで切れており、着用を確認することはできない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。