ビジネス

「シュウ ウエムラ」 × 「スーパーマリオ」、今秋発売

 「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」の2017年のホリデーコレクションは、任天堂の人気ゲームシリーズ「スーパーマリオブラザーズ(SUPER MARIO BROTHERS)」とのコラボだ。同シリーズが化粧品会社とコラボするのは初めて。全世界で11月1日に発売予定だ。

 クレンジングオイルやリップバーム、リップスティック、アイシャドウ&チークパレット、シャンプーなど、スキンケアとメイクアップ、ヘアケア全てをラインアップする。1980年代のゲームの中に登場するレトロ風のマリオのイラストや、スーパースターがパッケージに登場。パレットの中のチークには、スーパーキノコやハテナボックス、ファイアフラワーのエンボス加工を施している。中でも注目は、星の形をしたアイライナー「デュアル スタンプ ミーライナー(Dual Stamp-Me Liner)」だ。ペンの一方にはブラックのリキッドアイライナー、反対側には星の形をしたスタンプ型のライナーを搭載し、目元だけではなく手や指にもつけて楽しめる。キャンペーンにはベルギーと日本のクォーターモデルのユミ・ランバート(Yumi Lambert)を起用した。

 「シュウ ウエムラ」は村上隆やカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)、蜷川実花などアーティストとのコラボを多く行ってきたが、今回は日本文化にインスピレーションを受けたという。打出角康アーティスティック・ディレクターは「『スーパーマリオブラザーズ』は日本文化を代表し、世界で人気のゲームだ。同ゲームはとてもシンプルで、さまざまな障害を超えてゴールに到達する。美容も同様に、さまざまな商品や手法を試しながら最終的に自分に似合った美容法を見つける」とコメント。また、東京のポップカルチャーを代表し、「スーパーマリオブラザーズ」とコラボできる唯一のビューティブランドとして誇りを持つという。「今回のコレクションは、メイクアップルックを作るというより、(ゲームのように)化粧品で遊ぶ感覚で作った。個人の独特なスタイルで実験し、遊んでもらいたい」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら