ファッション

「カナダグース」が大使館で60周年パーティーを開催

 サザビーリーグは、ダウンウエアブランド「カナダグース(CANADA GOOSE)」の60周年を祝い、カナダ大使館でアニバーサリーパーティーを行った。

 パーティーは「カナダグース」のダニー・リース(Dani Reiss)=プレジデント兼最高経営責任者(CEO)のあいさつで始まり、この日のために来日したカナダ人初のエベレスト登頂者ローリー・スクレスレット(Laurie Skreslet)とのトークショーや、秋元梢もモデルとしてサプライズ登場したランウエイショーなど、盛りだくさんの内容だった。

 会場奥のスペースには、2017年春夏シーズンにパリ・コレクションで発表された「ヴェトモン(VETEMENTS)」とのコラボレーションアイテムや、スクレスレットがエベレスト登山用に「カナダグース」と共同開発したダウンジャケットも展示された。

 「われわれはカナダ国内に5つの工場を持ち、メード・イン・カナダにこだわり生産している。世界37カ国で販売を行っているが、日本人は“高品質”“クラフツマンシップ”といったキーワードに強い興味と理解があり、そのポジティブな気持ちは『カナダグース』の進化の助けとなった」とリース=プレジデント兼CEO。

 平井洋司・執行役員は「エベレストや南極にまで到達可能な“本物”を志すブランドは、本当にピュアなもの作りをしている。60周年の今年は、そのクオリティーを再確認・再発信する年にしたいと思っている」と語った。

 21時過ぎ、パーティーの主役を務めたスクレスレットは「明日は“日本の母なる山”富士山に初登山する。もちろん、『カナダグース』のライトウエイトダウンを着てね」と軽やかに笑った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら