ファッション

2017-18年秋冬ウィメンズは英国調 4セレクトショップの秋冬スタイリング

 2017-18年秋冬のウィメンズトレンドは、チェックをモチーフにした英国調がキースタイル。加えて、ベルベットやファー使いなどで女性らしい艶っぽさも。また、ジーンズを合わせて着崩すスタイルや、ビンテージアイテムを合わせたスタイリングも多く見られた。人気ショップのユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、アダム エ ロペ(ADAM ET ROPE)、シップス(SHIPS)、ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)の秋冬スタイリングにフォーカスする。

UNITED ARROWS

 “リフォーメーション”をキーワードに、トラッドスタイルを着崩しながら、自分なりのファッションを見つけて楽しむことを提案。ウエストベルトが付いたデザインの英国調チェックのジャケットに、ベルベットのロングスカートを合わせたスタイリングは、柄や素材、サイズバランスで変化をつけているのがポイント。

ADAM ET ROPE

 “ビンテージ ライク テイスト”をテーマに、ベルベットがキーワード。クラッシュしたベルベット素材を使ったロングワンピース、パンプスやスリッポンなどさまざまなアイテムをそろえている。昨年もキーだったブリティッシュは、今年はよりビンテージライクに演出する。毎シーズン好評の「アニエスベー(AGNES B.)」とのコラボは、今季は1990年代ストリートカルチャーをベースにデザイン。その他、昨シーズンから展開し人気の「サムシング(SOMETHING)」とのコラボジーンズや、今季初の福助とのコラボタイツ(5色展開)などもそろえる。

SHIPS

 “レイヤード ヘリテージ”をテーマに、伝統的なグレンチェックやハウンドトゥースなどのメンズライクな素材に、シアー、ベルベット、ファーなど相反する素材をミックス。トラッドのイメージが強いシップスだが、ターゲットの30代だけでなく、より若い人にもマッチするよう、チェックや花柄なども取り入れ女性らしさも加えている。

DEUXIEME CLASSE

 ブランドの根底にある、トラッドやベーシックを今年らしくラインアップ。例えばミンクのコートに合わせるのは、これまではカシミヤニットとデニム、「コンバース(CONVERSE)」のスタイルだったが、今季はボーダーのカットソーのインナーにリブタートルネック、加えてサークルモチーフのネックレスとレオパード柄バッグを合わせるなど、スパイスを加えるスタイリングを提案する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら