ファッション

アイスクリーム感覚で食べられるシュークリームが登場

 ダスキン(DUSKIN)は4月25日、ワンハンドで手軽に食べられるシュークリーム“ザ・シューコーン(THE CHOU CONE)”を発売した。シューとクッキー生地をアイスクリームコーンのような形状にし、中にカスタードやショコラ、抹茶などのオリジナルクリームを詰めた新しいタイプのシュークリーム。手を汚さずに食べ歩きできる。価格はカスタードが330円、ショコラカスタードと抹茶カスタード、ストロベリーカスタード、メープルカスタードが各350円。シフォンケーキ専門店「ザ・シフォン&スプーン(THE CHIFFON & SPOON)」全9店舗で販売する。町田マルイ店など6店舗にはイートインコーナーも併設し、紅茶(200円)なども提供している。

 掃除用品で知られるダスキンは、飲食事業も手掛けており、「ミスタードーナツ(MISTER DONUT)」や「カフェデュモンド(CAFÉ DU MONDE)」「かつアンドかつ」、「パイフェイス(PIE FACE)」、なども運営している。ザ・シューコーンは「ザ・シフォン&スプーン」の新カテゴリーの商品として打ち出した。

[related post="412161" title=""アートなスイーツドリンク、ベイクルーズ運営の3カフェで発売"]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら