ニュース

中条あやみが「ケイト」ベースメイクのイメージキャラクターに

 カネボウ化粧品の「ケイト(KATE)」は、4月1日に発売する新ベースメイクシリーズ「ザ ベース ゼロ」のイメージキャラクターに中条あやみを起用した。同日からテレビCMを放映する他、店頭でのポップなどにも起用していく。

 同社は、キレイになりたいという本能を解き放ち自分だけの美を覚醒させるというブランドスローガン「NO MORE RULES.」に中条あやみのイメージが合致していること、またミステリアスな雰囲気でブランドの世界観に負けない存在感を持ち合わせていることから、イメージキャラクターに決めた。

 同ブランドは1997年に誕生。10~20代の女性を中心に支持を受け、15年連続セルフメイクブランド売り上げNo.1を誇る(インテージ SRI 調べ)。これまでポイントメイクブランドとしての地位を確立するため、戦略的にベースメイクに光を当ててこなかったが、ブランド誕生20周年を機にベースメイクに注力していく。なお、ポイントメイクのイメージギャラクターは、これまで通り黒木メイサが務める。

【関連記事】
■中条あやみ扮するアラレちゃんが「ジーユー」の新CMに登場
■「アースミュージック&エコロジー」が新CM 広瀬すずも登場
■「プーマ」17年春夏のキービジュアルにローラを起用
■資生堂「アネッサ」の新ミューズに森星を起用
■「セイコー」ウェブ限定動画に綾瀬はるか aikoが楽曲を提供

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら