ファッション

イオンモールがベトナムに5号店

 イオンモールは、ベトナムの首都ハノイの郊外に新施設「(仮称)イオンモール ハ ドン(Ha Dong)」を2019年度に開業する。ベトナムで5番目、ハノイで2番目のインモールとなる。人口増加と経済発展が著しいベトナムにドミナント(地域集中)出店することで、ASEAN(東南アジア諸国連合)で「イオンモール」のブランドを確立する。

 出店するハ ドン地区はハノイの西部に位置し、広域幹線道路やBRT(バス高速輸送システム)が整備され、また18年には都市高速鉄道の開通が予定されている。高層アパートやヴィラなどの住宅開発も活発で、今後急速な人口増加が見込まれている。建設中のイオンモールの敷地面積は約9万5000平方メートル。施設概要やテナント構成などは決まっていないが、ファッションから飲食、エンターテインメントまで最新トレンドを発信する。

 ベトナムには昨年、ホーチミンに高島屋が開業した。それらに合わせて日本のファッションブランドの進出も増えることが予想される。

【関連記事】
■東南アジア初の「ららぽーとクアラルンプール」開発に着手 2021年開業予定
■「スック」が韓国に進出
■「THREE」が韓国に出店 今年中に後2カ国に進出
■ユニクロがスペイン進出 1号店はバルセロナに

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら