ファッション

三越伊勢丹の大西社長が退任か

 三越伊勢丹ホールディングスの大西洋・社長(61)が3月末で退任する方向で調整していると6日付の日本経済新聞が報じた。同社の広報は「現時点で発表できることはない」としているが、退任が事実であれば、縮小に歯止めがかからない百貨店ビジネスの舵取りの難しさを象徴する出来事になりそうだ。

 大西社長は、三越と伊勢丹の経営統合で2008年誕生した三越伊勢丹HDのトップに12年4月に就任。旗艦店である伊勢丹新宿本店の大規模改装や仕入れ構造改革、「イセタンミラー」「イセタンサローネ」「エムアイプラザ」「イセタン羽田ストア」といった中小型店の拡大、三越銀座店への空港型市中免税店の導入などを手掛けてきた。また夏と冬のセールの後ろ倒し、営業時間の短縮などにも取り組んだ。だが、同業他社に比べて不採算店の縮小などのリストラが遅れていたこともあって、昨今は業績の悪化が目立つようになっていた。17年3月期の営業利益は前期比28%減の240億円の見通し。今月20日には三越千葉店と三越多摩センター店の閉店が決まっているほか、三越松山店など4店の売り場縮小や業態転換を検討している。

【関連記事】
■日本百貨店協会の次期会長に大西洋・三越伊勢丹HD社長
■三越伊勢丹が3店舗で営業時間を短縮 販売員の働く環境を改善
■三越伊勢丹が初売りを1月3日に後ろ倒し 新宿、銀座など8店舗
■伊勢丹 × 「ルパン三世」コラボ第2弾 ルパンの歴代ジャケット販売
■三越伊勢丹が青山に会員制サロン 月1万円でぜいたくな空間を提供
■三越伊勢丹、地方・郊外店の面積縮小・業態転換を断行
■三越伊勢丹グループが人事大幅刷新 伊勢丹新宿、三越銀座、三越日本橋の各店長が異動
■「イセタン セントレア ストア」が中部国際空港にオープン
■三越伊勢丹が9月にパリにオープン 日本の職人技をショーケースする新店舗に

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら