ニュース

資生堂「アネッサ」の新ミューズに森星を起用

 資生堂は2月20日、16年連続売り上げシェアNO.1(インテージSRI調べ)の日焼け止めブランド「アネッサ(ANESSA)」の新ミューズにモデルの森星を起用することを発表した。3月3日からは、森を起用したテレビCMを放映する。

 同社は、「今年からビューティサンケアブランドとして訴求していく『アネッサ』と、アクティブでありながら美肌の持ち主である森さんのイメージが合致した」(冨田千晶・資生堂ジャパン アネッサブランドマネージャー)ことから森を新ミューズに採用。今後はテレビCM以外に、2月21日から発売する新商品やスポーツ専用メイクアップラインの店頭販促などに活用していく。森は「最近は仕事の他に、スポーツをすることや家族との時間を持つこと、旅行をすることなどライフスタイルをブラッシュアップしている。こうした仕事中やプライベートでも太陽は切ってもきれない。『アネッサ』で上手にケアしながら美肌を保っていきたい」とコメントした。

【関連記事】
■東コレ17-18年秋冬のキービジュアルが公開 モデルは新進気鋭の18歳
■「セイコー」ウェブ限定動画に綾瀬はるか aikoが楽曲を提供
■萬波ユカがアツギの新ミューズに就任
■木村佳乃が「リベスト」新パウダーファンデーションの広告塔に就任

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら