ファッション

韓国「スタイルナンダ」が原宿に旗艦店 今夏オープン

 韓国EC発の「スタイルナンダ(STYLENANDA)」が今夏、原宿に世界初の旗艦店オープンを予定している。「スタイルナンダ」を運営するナンダは昨年春、伊勢丹新宿本店と阪急うめだ本店、博多阪急に出店し、日本に本格進出した。秋には、日本法人を設立。今年1月末に、阪急2店舗を閉店しており、現在は伊勢丹のみ取り扱う。今後、原宿新旗艦店を拠点に、日本事業に拍車をかける。

 「スタイルナンダ」は、2004年に韓国の大手通販サイトでスタート。翌年単独ECサイトを立ち上げ、10年以降は、海外向けECの商品翻訳・CS対応システムを構築し、市場開拓を進めてきた。アパレルの「ナンダメイド」と「KKXX(ケーケーエックスエックス)」、コスメの「3CE(スリーシーイー)」のオリジナルブランドを中心に手掛けており、ファッションからビューティまでヤング層が関心を持つトータル提案が国内外で支持されている。店舗は韓国に35店舗、タイや香港、中国、シンガポールなど9カ国に80店舗を持つ(2月14日現在)。16年度の売上高は1280億ウォン(約128億円)。

 ナンダの日本事業担当者は、「韓国では学生街や百貨店に店舗を構え、10代~マダム層まで幅広い客層を持つ。海外ではアジアを中心に、百貨店やファッションビル、セレクトショップに出店しているが、本国以外の初の旗艦店は、新しい顧客獲得と事業開拓を狙い、日本に決めた。韓国の旗艦店のコンセプトを踏襲し、全カテゴリーを販売する」と意気込む。

【関連記事】
■韓国発「スタイルナンダ」のリアル店舗が東京と大阪にオープン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。