ファッション

韓国「スタイルナンダ」が原宿に旗艦店 今夏オープン

 韓国EC発の「スタイルナンダ(STYLENANDA)」が今夏、原宿に世界初の旗艦店オープンを予定している。「スタイルナンダ」を運営するナンダは昨年春、伊勢丹新宿本店と阪急うめだ本店、博多阪急に出店し、日本に本格進出した。秋には、日本法人を設立。今年1月末に、阪急2店舗を閉店しており、現在は伊勢丹のみ取り扱う。今後、原宿新旗艦店を拠点に、日本事業に拍車をかける。

 「スタイルナンダ」は、2004年に韓国の大手通販サイトでスタート。翌年単独ECサイトを立ち上げ、10年以降は、海外向けECの商品翻訳・CS対応システムを構築し、市場開拓を進めてきた。アパレルの「ナンダメイド」と「KKXX(ケーケーエックスエックス)」、コスメの「3CE(スリーシーイー)」のオリジナルブランドを中心に手掛けており、ファッションからビューティまでヤング層が関心を持つトータル提案が国内外で支持されている。店舗は韓国に35店舗、タイや香港、中国、シンガポールなど9カ国に80店舗を持つ(2月14日現在)。16年度の売上高は1280億ウォン(約128億円)。

 ナンダの日本事業担当者は、「韓国では学生街や百貨店に店舗を構え、10代~マダム層まで幅広い客層を持つ。海外ではアジアを中心に、百貨店やファッションビル、セレクトショップに出店しているが、本国以外の初の旗艦店は、新しい顧客獲得と事業開拓を狙い、日本に決めた。韓国の旗艦店のコンセプトを踏襲し、全カテゴリーを販売する」と意気込む。

【関連記事】
■韓国発「スタイルナンダ」のリアル店舗が東京と大阪にオープン

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら