フォーカス

インフルエンサー発ブランドを支える影の立役者を直撃

 モデル事務所ボン イマージュ所属の吉田沙世と中田みのりがファッションブランドを立ち上げる。ブランド名はそれぞれ「キャロルアダム(CAROL ADAM)」と「メッシス(MESSIS)」。2月21日から2週間限定の公式ECサイトを立ち上げ、完全受注生産の体制をとる。本人らのSNSを利用した販売プロモーションに加えて、ビジネス面をボン イマージュが、パターンなどについてのアドバイスをOEM事業やブランド設立を支援する中山良一ANTHEMICK社長が手助けする。ブランド設立の経緯や具体的な取り組みについて、ディレクションを行った2人とブランド設立を支えた中山社長に聞いた。

【関連記事】■吉田沙世と中田みのりがブランド立ち上げ SNSを駆使した施策も

WWDジャパン(以下、WWD):まず、中山社長の経歴をお教えください。

中山良一・ANTHEMICK社長(以下、中山社長):岡山のクロスカンパニー(現ストライプインターナショナル)でプレス業や企画を担当していました。拠点が東京に移転してからは専務取締役を担当していました。その後、クロスカンパニー時代のインフルエンサーとのつながりと、工場や生産先とのつながりを生かして9年前に独立。今はインフルエンサーが手掛けるEC専売ブランドや他社ブランドのディレクションなどをしています。

WWD:ディレクションのプロでもある中山社長が今回の2ブランド設立に至ったきっかけとは?

中山社長:昨年10月頃、新しいブランドをやってみたいと思っていた時に、キャスティングなどを手掛ける松永企画という企業の方がボン イマージュとつないでくれました。ボン イマージュの中で選定をしていただいて、本人たちの希望もあり、吉田沙世さんと中田みのりさんを紹介していただきました。

WWD:話をもらった側としてはどんな気持ちだった?

吉田沙世(以下、吉田):もともと洋服を作ってみたいと思っていて、好きな写真をスクラップしたりしてたんです。古着が好きなんですが、「形や生地を少し変えれば今の気分なのに!」と思うものが多くて、それを自分で形にしたいと思ってたんです。モデルとして洋服に近いところにはいたものの、洋服作りは全く知らないことばかりだろうと、興味津々でした。

WWD:その後の流れは?

中山社長:まずは早速、打ち合わせをしようと。2人とも熱意があって、いきなり作りたいイメージの写真などを資料として持ってきてくれました。2回目の打ち合わせでは具体的な生地見本を見せてアイテムを決めるなど、かなりスムーズに進みましたね。ただし、初めから型数を増やすとやりたいことがブレると思ったので、1人あたり6型くらいにしようと相談しました。社内にパタンナーがいることもあり、僕がイメージを伝えて2週間くらいでサンプルを仕上げてもらい、調整を重ねて数カ月で洋服が完成しました。価格は私が一旦決めて、相談の上で決まりました。