ビジネス

三陽商会2016年度決算 「バーバリー」ショックで84億円の営業損失

 三陽商会の2016年度決算は、15年6月末に契約終了した「バーバリー(BURBERRY)」の売り上げが全くなかった最初の年になるが、売上高が前期比30.6%減の676億1100万円、営業損失は84億3000万円、経常損失は81億9600万円、当期純損失113億6600万円でいずれも過去最悪だった。

 昨年7月に期初予想の下方修正を行い、売上高700億円、営業損失68億円、経常損失66億円を見込んでいたが、売り上げは未達、赤字幅も拡大した。昨年末に大規模なリストラを行った影響で販管費は11.7%改善し、366億6000万円だったが、「売り上げ不振をカバーするにはいたらなかった」(松浦薫・代表取締役兼経理財務本部長)。新ブランドがスタートし、中止ブランドの在庫評価損(合計約28億円)を計上したこともあり、売上総利益率は前期に比べて7.5ポイント低下し41.8%だった。17年度は「不採算ブランド、不採算品の整理が上半期で終わり、下半期はかなり改善が期待できる」(岩田功・社長)見通し。売上高630億円(前期比6.8%減)、営業損失30億円を見込む。

【関連記事】
■三陽商会、直営店とECに投資 新中計を策定
■三陽商会、新社長に岩田功・取締役 杉浦社長は退任
■三陽商会、新たに5ブランドの廃止を発表
■三陽商会が約250人のリストラ
■正念場を迎える三陽商会とルック 「バーバリー」「トリー バーチ」終了後の今

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。