ファッション

「エレッセ」新ラインはロゴとイメージで知名度拡大を狙う

 ゴールドウインの「エレッセ(ELLESSE)」は、1980年代のデザインを取り入れたファッションライン「エレッセ ヘリテージ(ELLESSE HERITAGE)」の発売を記念し、日本人DJ・アーティストのカンタ(K.A.N.T.A)とコラボレーションしたムービーを2月9日に公開する。ロンドン発のブランドが持つスタイルと、幼少期をロンドンで過ごしたカンタのオリジナルサウンドを融合し、現代のストリート感を添えた世界観で表現する。

 3月には「ユージュ(YUGE)」の弓削匠デザイナーを起用したファッション系アカウント向けのライン「エレッセ ヘリテージ プラス(ELLESSE HERITAGE +)」(以下、「プラス」)をビューティ&ユース ユナイテッドアローズをはじめ、約15店舗で販売する。

 弓削デザイナーは「ブランドが持つレトロなムードを生かしつつ、日常生活への取り入れやすさを意識している。80年代後半から90年代にヨーロッパのストリートキッズが『エレッセ』を着ていたように、日本の若者やミュージシャンにも着てもらえたら嬉しい」と話す。2017-18年秋冬シーズンもブランドネームやロゴを強調したデザインを軸に、新しい顧客に「エレッセ」の知名度拡大を狙う。「17-18年秋冬もデビューシーズンと同様、ベーシックなデザインを多く採用した。18年春夏は少し変化を加えてパステルカラーを使用したアイテムを作る予定だ。今後ブランドの知名度が広がってきたら、派手なカラーブロックや古着調のデザインなどを取り入れ、もっとマニアックな物作りに挑戦したい」と語った。

【関連記事】
「エレッセ」が80年代のデザインを採用した新コレクション

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら