ファッション

30年カシミヤ一筋の企業が横尾忠則とコラボ

 カシミヤ専業アパレルメーカーのトランス・ファーは、オリジナルブランド「カシヤージュ(CASHYAGE)」のメンズラインから美術家の横尾忠則とコラボしたカシミヤアイテムを9月に発売する予定だ。

 ブランドの2017-18年秋冬コレクションのテーマが「ミュージアム」であること、担当者が横尾の大ファンであることからオファーを出し、コラボが実現した。商品はセーター4型、マフラー1型の計5型を予定する。商品は全てカシミヤ100%で、価格はカーディガンが12万8000円、パーカ7万8000円など。「Y字路」など横尾のアーカイブをモチーフにデザインした。

 1月にパリの合同展示会「トラノイ(TRANOI)」に出展。今後は国内での販路拡大のため、合同展示会「ルームス(rooms)」(2月15〜17日)の他、大阪(2月28日〜3月2日)や東京(3月7〜10日、3月14〜17日)でも展示会を開催する。

 「カシヤージュ」は、14年にスタートしたカシミヤニットブランド。ブランド名はCASHMERE(カシミヤ)とVOYAGE(旅)を合わせた造語で、ウィメンズとメンズを揃える。直営店はなく、ストラスブルゴ(STRASBURGO)やビーセカンド(B’2nd)、ローライフ(RAWLIFE)などのセレクトショップで取り扱っている。

 トランス・ファーは、1985年に設立したカシミヤ専業のアパレルメーカー。本社は東京都渋谷区。オリジナルブランドを手掛ける他に、OEM生産も行う。原毛の管理から染色、編み立て、仕上げ、出荷まで全ての工程を一つの工場で一貫して生産している。近年は日本国内での生産も増えており、4割が国内で6割が内モンゴルで生産している。

【関連記事】
■ココ・シャネルも使った英ツイード「リントン」のメンズ服登場
■「ディーゼル」×「ポーター」× 横尾忠則 トリプルコラボが実現
■岡本太郎と「ニューエラ」がコラボ “爆発系”新アイテム

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。