ファッション

「カレン バナー バレット」1号店がルミネ新宿に

 マーキュリーデザインから今春デビューする新ブランド「カレン バナー バレット(KALEN BANNER BARRETT)」の1号店が2月21日、ルミネ新宿1・3階にオープンする。場所は同社が手掛ける「アミウ(AMIW)」の跡地で、面積は約43平方メートル。「カレン バナー バレット」は35歳以上をコアターゲットに、ドレスとトップス、パンツを主要アイテムにした“大人の女性のためのフェミニンで可憐な装い”をコンセプトにしたスタイルを提案する。店舗は、モノトーンを基調に、ブランドカラーのピンクベージュをポイントにデザインした。商品の販売は2月上旬から、「バナー バレット」各店で順次始め、3月下旬からは自社ECサイトでの販売もスタートする。初年度売上高は1億2000万円を目指す。

 同社は、スクラップ&ビルドを進めている。16-17年秋冬シーズンで終了したセレクトショップの「バルサラ」は今春、4店舗中2店舗を閉店し、渋谷ヒカリエ店と藤井大丸店は3月に「バナー バレット」に業態変換する。30代向け「アミウ」は、代官山店も昨年9月にアウトレット業態に変換しており、ルミネ新宿店を最後に全店舗をクローズした。

【関連記事】
■「バナーバレット」、17年春夏から店舗縮小&セール廃止
■「バナーバレット」が30代向けに刷新 ベーシックなブランドらしさからトレンド力を重視
■パルが「バナーバレット」のマーキュリーデザインを買収

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。