ビジネス

ラオックス16年12月期は一転赤字へ 「爆買い」終息

 免税店大手のラオックスは3日、2016年12月期の連結営業損益が9億円の赤字になりそうだと発表した。従来予想は12億円の黒字で、15年12月期実績は85億円の黒字だった。昨年の円高と中国政府による高級時計や家電への関税強化によって、インバウンド(訪日外国人客)の爆買いが失速したことが痛手になった。

 同日発表した業績予想の修正では売上高が625億円(修正前は650億円)。これも15年12月期の926億円の実績に比べて3割以上減る。来店客数は前年並みだったものの、1人あたりの平均客単価が3万3820円から2万2344円に下がった。売れ筋商品が化粧品や医薬品など単価の低いものに移っている。一方で店舗は9店増えており、その分の賃料や人件費の増加を吸収できなくなった。

【関連記事】
ラオックスがシンエイの婦人靴事業を買収
ラオックスが赤字に転落 「爆買い」が失速 16年1〜6月期

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。