ファッション

バロック「リリディア」がECのみに 実店舗は今月で閉鎖

 バロックジャパンリミテッドが運営する「リリディア(LILIDIA)」は、2月10日に閉店する心斎橋オーパ店をもって、全店閉鎖する。自社編集ショップ「シェルター」のアップルシティ池袋店とザ・シェルター トーキョーでの取り扱いも終了した。今後はECに切り替え、自社ECサイト「シェルター」などで販売する。

 「リリディア」は、ギャル系ブランド「リエンダ(RIENDA)」の大人向けとして2005年に、カリスマ販売員だった中根麗子クリエイティブ・ディレクターが立ち上げた。14年にはプランタン銀座店をオープンし、ルミネエスト店、阪急うめだ本店、河原町オーパ店の5店舗体制になった。裏地に蓄熱素材を用いたアウターや体のラインを保つヒップアップガードルといった機能性にも着目するなど、30代を中心に20~70代まで幅広い客層を持つ。中根クリエイティブ・ディレクターの今後の動向について、同社は「ノーコメント」としている。

【関連記事】
■「クルーンアソング」が全15店を閉店
■TSI、「ナノ・ユニバース」10店前後を閉鎖
■ギャップがゾゾタウンに 国内ECモール初出店
■アダストリアの新ライフスタイルブランドが出店開始

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら