ファッション

ニコライ・バーグマン監修のネクタイ発売 花のモチーフ鮮やか

 ネクタイメーカーの永島服飾は、デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)監修のメンズネクタイ「ブルーミング タイ バイ ニコライ・バーグマン(BLOOMING TIE BY NICOLAI BERGMANN)」を2017年春夏シーズンからスタートする。イタリアの生地を使ったプリントやジャガードの日本製ネクタイを全21種類、各2〜4色をラインアップ。ニコライ・バーグマンらしく、花単体の魅力をあらゆる角度から引き出すようなフラワーパターンを施した。価格は1万円から。商品は1月末から全国主要百貨店やECサイトで販売する。

 永島服飾は、東京都中野区のネクタイメーカー。「フランコスパダ(FRANCO SPADA)」や「サドバリー(SUDBURY)」などのオリジナルブランドを手掛ける他、16-17年秋冬シーズンまでは「ニナ リッチ(NINA RICCI)」とライセンス契約を結んでいた。

【関連記事】
■エストネーションが神戸に路面店 4層で「ニューラグジュアリー」を提案
■ニコライ・バーグマンが語る、日本伝統工芸とフラワーアートの可能性

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら