ニュース

コーセーがプレミアムフライデーを楽しむ女性にメイク提案

 コーセーは、2月24日からスタートする月末金曜を特別なコト・時間を楽しむ日とする“プレミアムフライデー”で、メイクアップを通じて女性たちがより美しく過ごせる応援をしていく。1月27日には同社のトータルメイクアップブランド「エスプリーク(ESPRIQUE)」の商品を使用し、月末金曜を楽しむためのメイクを提案した。

 同社はプレミアムフライデーにより、女子会やデートが増え、その様子をインスタにアップする人が多くなると分析。「インスタ映えする“インスタジェニック”な画像を求める傾向が強くなるだろう。そこで『エスプリーク』では修正をしなくても毛穴のないふんわり肌を提供していく」と湯地知子コーセー コンシュマーブランド事業部 企画一課。2月16日に発売するファンデーション「ピュアスキン パクトUV」をはじめ、アイシャドウやチーク、リップを施し、華やかさのあるメイクを完成させた。

 なお、プレミアムフライデー当日は「エスプリーク」の店舗でタッチアップを積極的に実施する予定。さらに今後は他ブランドの参画も視野に入れている。

【関連記事】
■1001円で食べ歩き 伊勢丹新宿が提案する「プレミアムフライデー」
■出荷総数1000万個のネイルブランド37の新作発売

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら