ファッション

「アンデコレイテッド マン」がウェブ限定アイテム発売

 「アンデコレイテッド マン(UNDECORATED MAN)」は、公式サイト限定のパーマネントコレクションを1月27日に発売した。“より上質な普段着”をコンセプトに、シーズンを問わないTシャツやスエットなど計5型のアイテムをそろえる。

 上質なスピン綿をオリジナルの太さに編み立てたTシャツ、伸縮性と保温性に優れたワッフル生地のインナー、ハリとしなやかさを兼ね備えたシャツ、和歌山の吊り編み機で生産した裏毛スエットなど、同ブランドが得意とする素材への強いこだわりが特徴だ。価格は1万~2万2000円で、全アイテムに専用ボックスが付く。

 ブランドを運営するグランドフロアは他にも「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」「ミュラー オブ ヨシオクボ(MULLER OF YOSHIOKUBO)」を手掛けているが、これまで直営店を持たず、Eコマースも行っていなかったため、同社として初の直販となる。

 「アンデコレイテッド マン」は久保嘉男「ヨシオ クボ」デザイナーが2008年にスタートし、16-17年秋冬シーズンに久保デザイナーの下で企画などを行っていた河野貴之が新デザイナーに就任した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら