ニュース

使っていないコスメが500円券に ルミネ有楽町で下取りキャンペーンを開催

 ルミネ有楽町では、不要になったコスメを500円分のお買物券に引き換えできる「コスメ 下取りキャンペーン」を1月27日から3日間開催している。1人最大5点まで引き換え可能で、有楽町店以外で購入したコスメも対象となる。

 キャンペーンは社会貢献活動と顧客が春に向けたコスメ購買のモチベーションにつなげることが目的。2014年に、町田店で九州大学と不要なコスメを使ったワークショップを行ったのが始まりで、環境にやさしいエコ活動として今キャンペーンが生まれた。同店では今回が3回目となる。「衣類の下取りキャンペーンも行っていたが、コスメは気軽にエコできるといった理由からこれまで900~1000人のお客さまがキャンペーンを利用し、2500~3000点のコスメを下取りした。有楽町店は会社帰りのOLが多く、クーポンの引き換え率も高いので関心の高さがうかがえる」(担当者)。キャンペーンは横浜店でも2月16日から4日間開催する。

 下取り対象商品は、ファンデーション、コンシーラー、口紅、アイライナー、アイペンシル、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラ、リップクリーム、リップグロス、マニキュア、チークのメイクアイテムで、コフレやキットなどのミニサイズも可。スキンケアやヘアケア、ボディーケア、除光液、スプレー類、サンプルなどは対象外となる。下取りしたコスメは国際社会支援推進会「ワールドギフト」を通じて寄付活動やリユース販売などに役立てられる。

【関連記事】
■ライフスタイル提案に必要なコスメの売り方
■オーガニック市場の活況は食と男性が握る?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら