ファッション

使っていないコスメが500円券に ルミネ有楽町で下取りキャンペーンを開催

 ルミネ有楽町では、不要になったコスメを500円分のお買物券に引き換えできる「コスメ 下取りキャンペーン」を1月27日から3日間開催している。1人最大5点まで引き換え可能で、有楽町店以外で購入したコスメも対象となる。

 キャンペーンは社会貢献活動と顧客が春に向けたコスメ購買のモチベーションにつなげることが目的。2014年に、町田店で九州大学と不要なコスメを使ったワークショップを行ったのが始まりで、環境にやさしいエコ活動として今キャンペーンが生まれた。同店では今回が3回目となる。「衣類の下取りキャンペーンも行っていたが、コスメは気軽にエコできるといった理由からこれまで900~1000人のお客さまがキャンペーンを利用し、2500~3000点のコスメを下取りした。有楽町店は会社帰りのOLが多く、クーポンの引き換え率も高いので関心の高さがうかがえる」(担当者)。キャンペーンは横浜店でも2月16日から4日間開催する。

 下取り対象商品は、ファンデーション、コンシーラー、口紅、アイライナー、アイペンシル、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラ、リップクリーム、リップグロス、マニキュア、チークのメイクアイテムで、コフレやキットなどのミニサイズも可。スキンケアやヘアケア、ボディーケア、除光液、スプレー類、サンプルなどは対象外となる。下取りしたコスメは国際社会支援推進会「ワールドギフト」を通じて寄付活動やリユース販売などに役立てられる。

【関連記事】
■ライフスタイル提案に必要なコスメの売り方
■オーガニック市場の活況は食と男性が握る?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。