ファッション

「アクメ ファニチャー」関西初出店 古着イベントも開催

 ベイクルーズは2月10日、「アクメ ファニチャー(ACME FURNITURE)」の関西1号店を大阪・堀江の「J.S.ホームステッド」跡地にオープンする。3フロア構成で、売り場面積は約300平方メートル。「アクメ」のオリジナル商品やアメリカのビンテージ家具をそろえ、3階はギャラリー、イベントスペースとしても使用する。

 オープン記念アイテムとして、「アクメ ファニチャー」スタート時に販売していたアメリカ軍用飛行機の解体パーツなどを使用したカスタムアイテムを再販売する。また2月19日までの期間は、「アクメ ビンテージ クローゼット」と題して古着のイベントを開催。店舗外壁のアートワークを担当した「ナッツ アート ワークス」のサインアートをプリントした古着(スエット7500円、ミリタリージャケット9800円など)や、関西圏以外の古着屋の協賛による商品を販売する。

 「アクメ ファニチャー」はアメリカのビンテージ家具からインスピレーションを得た家具店で、渋谷、自由が丘、目黒の3店舗体制で運営してきた。オリジナルのソファやビンテージの什器が人気を集めている。

【関連記事】
■IKEAが家具下取りサービスを全国で開始
■注目のスキーリゾート白馬に北欧家具の巨匠のホテルが登場

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら