ファッション

博多阪急2階に新メンズフロア

 博多阪急は、2階フロアを全面改装し、テーマゾーン「メンズクリエーターズ」を3月3日オープンする。売り場面積430平方メートルに「オム プリッセ イッセイミヤケ」「ヨウジヤマモト」「Y-3」「サタデーズ ニューヨークシティ」「ネイバーフッド」「ディーゼル」「ヴィヴィアン・ウエストウッドマン」の7ブランドが入る。6階の既存のメンズ売り場では対応できなかった品ぞろえを強化し、九州全域からインバウンドも含めた広域客の集客力を高める。

 2011年3月の開業以来、同店の2階は若い女性を対象にしたテーマゾーン「ハカタシスターズ」として営業してきた。同店では昨年春にも「ハカタシスターズ」だったM3階を時計売り場に刷新。「ハカタシスターズ」は3階に集約する。同店広報は「(博多阪急がある)博多駅周辺は昨年春にキッテ博多や博多マルイが開業し、来街者数は増えているが、ウィメンズファッションは飽和状態。また女性のお客さまの服の選び方が年齢軸ではなく嗜好性に変化している。一方でメンズファッションでは欠落領域があり、ここのマーケットへの提案力を強めることにした」と説明する。

 既存の6階メンズ売り場と合わせて、メンズファッションの17年度の売上高を前年度比10%伸ばす考えだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら