ファッション

伊勢丹新宿本店セール開幕 行列先頭客の狙いは「ルブタン」

 伊勢丹新宿本店は1月11日、冬のクリアランスセールを開始した。通常の開店時間の10時30分を前倒して、昨年同様10時15分に開店した。同店によると、10時30分時点の入店客数は約7400人(昨年比約103%)だった。

 行列には目的を持って並んだ客が多かった。本館正面口の先頭に並んでいた都内在住の20代女性は、「朝の5時ごろから並んだ。『クリスチャン ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN 以下、ルブタン)』のシューズが一番の目的。『ルブタン』のバッグも、良いモノがあれば欲しい。予算は特に決めていない」と話し、メンズ館の先頭に並んでいた20代の男性は、「朝7時から並んでいる。行列に並ぶのは、今回が初めて。仕事用にビジネスシューズが欲しく、狙っているのはスペインの『カルミナ(CARMINA)』のシューズ。予算は10万円くらい」とコメントした。例年同様、行列客にスタッフがカイロを配る姿も見られた。同社によると、カイロは事前に1万個以上用意しているという。

 開店直後は、本館1階のハンドバッグ売り場の「プラダ(PRADA)」コーナーには長蛇の列ができた他、3階の「サカイ(SACAI)」や「メゾン トゥモローランド(MAISON TOMORROWLAND)」などが特に人気を集めた。都内在住の30代女性は、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のジャケットやスカート、パンツなど14万円以上を購入。「列には並んでいないが、目的のモノを購入できた。すぐ買って、すぐに帰るつもりだった」と店を後にした。

 同社のクリアランスセールは、値引き時期の適正化などを目的に、2012年の夏セールから他社より後ろにずらしている。

【関連記事】
伊勢丹新宿店の初売り 4千数百人が並ぶ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら