ファッション

グアム挙式組数ナンバーワンのチャペルがリニューアル

 海外・国内でリゾートウエディングをプロデュースするグッドラック・コーポレーション(GOODLUCK COOPERATION)は、自社ブランド「アールイズ・ウエディング(ARLUIS WEDDING)以下、アールイズ」が運営するグアムのホワイトアロウチャペル(WHITE ARROW CHAPEL以下、ホワイトアロウ)の10周年を記念し、来年8月26日にリニューアルオープンする。

 ホワイトアロウはシェラトン・ラグーナ グアム リゾート(SHERATON LAGUNA GUAM RESORT)内に2007年オープン。水平線を望む270度のウォータービューで人気だ。アールイズはグアムで5つのチャペルを運営しており、ホワイトアロウはその中で挙式件数ナンバーワン。グアムで行われる挙式の年間シェアは約1割にのぼる。

 リニューアル後は、ホワイトアロウの名にふさわしくピュアホワイトの空間に変身。式場の白と海の青のコントラストが感動的なウエディング・シーンを演出する。

 パーティー前にゲストがリラックスできる海辺のゲストラウンジも設ける。絶景のゲストラウンジは「モエ・エ・シャンドン(MOET & CHANDON)以下、モエ」とのコラボでシャンパンを手にパーティー前のひと時を過ごすことができる。ピュアホワイトの空間にちなみ、氷を入れて味わう爽やかな「モエ」のホワイトボトル“アイスインペリアル”を提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら