ファッション

「エルメス」祇園がおとぎの森に ハートの“カレ”を限定販売

 「エルメス」は京都・花見小路通の祇園店を新テーマ「WINTER TIME」に刷新した。2016年の年間テーマである「自然」をキーワードに、店内に大木を2本並べ、おとぎの国の森をイメージ。オリーブなどに着想した架空の木の枝から見え隠れするように商品をラインアップし、ペンダントライトが温かく照らす内装にリニューアルした。販売する商品は巻物とアクセサリー。シルクツイルやカシミヤシルクのスカーフ、レザーやエナメルのブレスレット、ピアス、ネックレスなどをそろえた。ハート柄のドットを散りばめた“ブリッド・ドゥ・ガラ・ラブ”(5万2000円)を同店とオンラインブティックで限定販売。この“カレ”のためだけに用意したハート型のボックスに入れて提供する。

 2階にはフォトブースを設置。2017年春夏の新作“ブリッド・ドゥ・ガラ”を巻いて写真を撮ることができ、その場で現像してプレゼント。メールアドレスを入力すると、3カットをムービーにした映像を受け取ることも可能だ。周りを囲む木々には、おみくじのように紅白の紙を結ぶことができる。今テーマは1月18日まで開催する。

【関連記事】
京都・祇園の町家を再生した「エルメス」期間限定店 第一弾テーマはスカーフの“再生”

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。