ファッション

ジュンが“食”のOEMをスタート

 ジュンは2017年初旬、食に特化した新規事業「フードラボ(FOOD LABO)」を始動する。社外の企業に向けて、通販・ECの運営をはじめ、卸やケータリングサービス、メニュー開発、イベント企画などを担う。エグゼクティブ・シェフに、パリの3星レストラン「ピエール・ガニェール」などで経験を積み、今年「サロン アダム エ ロペ(SALON ADAM ET ROPE)」業態のシェフとして、同社に入社した松岡誠也が就く。都内にセントラルキッチンを設け、企画や調理などを行う予定だ。

 松岡シェフは「決定したのはつい2週間前で、計画はこれから。これまでの3星レストランからカジュアルレストラン、和菓子、洋菓子などでの経験を生かして、幅広いサービスを提供したい」と話す。

【関連記事】
「サロン アダム エ ロペ」の新業態レストラン3店舗がオープン

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら